2014/04/23

Bienvenue(御影)

    御影のBienvenue(ビアンヴニュ)の大下シェフのパン講習会に行ってきました。


               「シンプルな生地の食事パン」

           このシンブルな生地で、本日はフォカッチャ。
           ベーコンを巻き込んでエピにしてもいいし、
         他にも好きな具を入れると様々なパンへと変身します


        634-47.jpg


                 もっちりふわふわ  
         ハードパンも好きだけど、このソフトな生地も大好き!!
           でも、いくらでも食べれてしまうので危険危険!!

 
        634-45.jpg





              「ホワイトチョコと紅茶のパン」

   ホワイトチョコチップとアールグレイの茶葉をたっぷり混ぜ込んで焼いたパン。
                これも美味しかった〜

        634-44.jpg

        634-27.jpg
スポンサーサイト
2014/04/19

Sivelliさんに習うイタリアン

 神戸ハンター坂にある「Restaurant Sivelli」のSivelliさんのイタリアン講習会がありました。
 数年前にも受講したことがありましたが、変わらずお料理への深い愛情をお持ちのシェフです。




              「インサラダ ディ アグルミ」

   「柑橘系のサラダ」ということで、グレープフルーツ・ピンクグレープフルーツ・
        オレンジ・ライムをたっぷりと使った爽やかなサラダでした
            隠し味のハーブがまたいい役をしていました

          636-51.jpg





                  「グリッシーニ」

           2〜3月にNHK Eテレの趣味Do楽で放送していた
      「神戸で極める世界のパン」でも、Sivelliさんが紹介なさっていました。
             サーモンを巻いたり、生ハムを巻いたり、
        ディップをつけたりと色んな食べ方で楽しんでみたいですね〜

          636-47.jpg





                 「プッタネスカ」

    黒オリーブ、プチトマト、ケッパー、アンチョビ等がたっぷりと入ったパスタ。
      おもしろい作り方、、、ということで、リゾットのように作りました。


          636-49.jpg






                「トルタ スプリソローナ」
        
         トウモロコシ粉を用いたアーモンドたっぷりのタルトです。
     このタルトは、焼きたてもいいですが、冷やしていただくのもオススメです。
               ザクザクした感じがよかった〜

           636-50.jpg


     ザクザク刻んだアーモンドがたくさん入っていてナッツ好きにはたまりません

           636-48.jpg
2014/03/25

3Dアイシングクッキー 講習会

         お友達とアイシングクッキーの講習会に行ってきました

               「アイシングクッキー」といえば、、、
         今までに一度だけ体験でアイシングに触れたことがあったのと、
     そのあと全くの自己流で娘のバレンタインでアイシングクッキーを作った。。。
            というのみで、初めてに近い状態の私。。。
     かなり難しいことも教えていただくような本格的な内容で、ドキドキでした



     まずは、先生がご用意下さったクッキーにアイシングで色をつけていきます。
      ラインの引き方から全くわからない状態で、まさかの方法にびっくり!!
             ラインが引けたら、塗りつぶしていきます。

                 そして、バスケット模様。
    こちらは、順番さえ間違えなければちゃんとバスケット模様にはなってくれるので、
               出来はさておき、ハマります

                一番難しかったお花。。。
   専用の絞り口と、台座を利用して絞り出していくのですが、最初のひどかったこと。。。
          数を絞り出して、なんとかお花の形になってきました。
         いくつも絞ってみて練習してコツをつかむとこですね〜

       最後にアヒルちゃん、ウサちゃん、土台の上に模様を描きます

       637-5.jpg




       家に帰ってから、クッキーを組み立てて「3D」に仕立てます
         表面のでこぼこや、ラインのガタガタはご愛嬌(笑)
                 すっごく楽しかったです
       637-4.jpg
    
       637-3.jpg




          Babyのおもちゃのように仕上がったかな。。。。?

       637-2.jpg



  お花もいっぱい作ったことだし、入れて帰ってきたクリアボックスに入れて飾ってます

       637-1.jpg
2014/03/11

Mon chéri の コンフィチュール講習会

  御影にあるコンフィチュール専門店 Mon chéri の 田野 量子 先生に教えていただきました。

     今回教えていただいたのは「和歌山産のネーブルオレンジのマーマレード」
   分厚めに切ったネーブルオレンジの皮がもっちりとした食感のコンフィチュールです。
          香りもよく、とってもジューシーな仕上がりです

          634-43.jpg

  

               講習のあとは試食タイム〜

         田野先生がお店からオススメを5種類お持ち下さいました。
   それを、クラッカーやクリームチーズ、パン、ヨーグルトなどと一緒にいただきます。
     な〜んと1テーブル(6人)にこの5瓶!!た〜っぷりです しあわせ〜♡

    634-8.jpg



       パンは御影のBienvenueの大下シェフが運んできて下さいました

           パン・クラッカー・ヨーグルトはもちろんですが、
     クリームチーズやカマンベールチーズにもジャムってよく合うんですね

       紅茶にも、作り立てのマーマレードをたっぷり入れていただきました。
このマーマレード、甘みよりもネーブルオレンジの爽やかさが一番に出ていてとっても美味しい!
              (甘さに当りません*^ー^*)

    634-7.jpg





               金柑マーマレード
                 と カマンベールチーズ

         634-6.jpg





          ネーブルオレンジ & ラ・フランスのマーマレード
                と  クリームチーズ

         634-5.jpg





              イチゴのコンフィチュール
                    と ヨーグルト

         634-4.jpg





   林檎、レーズン、パイナップル、クランベリー、オレンジのコンフィチュール
                  と  クラッカー

         634-3.jpg





       ネーブルオレンジとピンクグレープフルーツのコンフィチュール
                   と クラッカー

         634-2.jpg





            講習で作ったネーブルオレンジのマーマレード
                と 御影Bienvenueのパン

         634-1.jpg



               そして、なんとお土産に
「金柑マーマレード」と「イチゴと林檎とクランベリーのコンフィチュール」をいただきました
 
 右のコンフィチュールは、この4月からNHKの朝の連ドラ小説「花子とアン」にも登場する
木苺シロップをイメージして作られたそうです。(NHKさんの方からご依頼があったそうです

       634-42.jpg

   お土産のバッグには、たっぷりの素敵なオーガンジーのリボンが結ばれていました。
お店では、何色ものオーガンジーのリボンが用意されていて好きなリボンを選ぶことができます。 

          次は、7月に。。。  今からとっても楽しみ〜

           634-41.jpg
2014/02/01

シェフに習うフレンチ(パトゥ)

          今月はパトゥの山口シェフに教えていただきました。




           「子カブのバヴァロア トマトゼリーとウニ添え」

    子カブと玉ねぎをゆっくり丁寧に炒めたあと、牛乳等を加えムース状にします。 
          その上に、トマトゼリーとウニをのせて出来上がり。
        「えっ?どこにトマトゼリーが?!」とお思いの方
          透明なソース状のものがトマトゼリーなんですよ〜

  トマトをミキサーにかけ、ゆっくりゆっくり漉して集めたジュースはこのような透明に!!
       トマトの赤みはなくても、トマトの酸味と旨味はしっかりあります。


          632-11.jpg




        「真鯛のパルメザンチーズの衣がけ焼き トマトソース添え」 

   トマトゼリーのトマトを、網で漉した時に網に残ったトマトを使いソースを作ります。
        水分が少なくなっているので、あっという間に作れちゃいます。  

          鯛の切り身の上にスライストマトとバジルの葉を重ね、
             パート(生地)をのせオーブンで約5分。
    このパートはパン粉にパルメザンチーズや様々な香草をミキシングして作ります。
 
          632-12.jpg

            
           シェフ自ら市場で選んできて下さった明石の鯛。
                分厚い身で、ジューシー!
      パルメザンチーズのパートとトマトソースがとってもよく合いました。

          632-9.jpg




             「ポ・ドゥ・クレーム・ドランジュ」

オレンジを絞って作ったジュースでゆるめのカスタードクリームを作り、ゼラチンで固めます。
  そして、これまた絞りたてのオレンジジュースを煮詰めて作ったソースを上からかけて、
                果物を飾ってできあがり

          632-10.jpg


                一口すくってみたところ
        やっぱり、100%生ジュースを使ってるから超フレッシュ!!
        美味しかったです〜 どんどん食べれてしまいそう。。。

          632-8.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。